「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

雑記

恋愛の話を「していい人」と「してはいけない人」

投稿日:2017年9月24日 更新日:

同じ職場で働いている女の子の
田中さん(仮名)はとても可愛い。


彼女は現在、大学1年生なのだが、
高校に入学して以降、
彼氏がいない期間はほとんどないのだそうだ。

 


ある日の仕事の休憩中、
僕は田中さんと話をしていた。


話題は同僚の高橋さん(仮名)
についてだ。

 


ふと彼女は言った。


「あたし、高橋さんの前では
恋愛の話を一切しないんです」

 


「えっ?」

 


「だって、高橋さんの前で恋愛の話なんて
可哀そうでできないですよ」

 


高橋さんは20代後半の女性なのだが
容姿に恵まれてはいない。


正直言って不細工の中でも
突出して不細工な容姿をしている。


おまけに体型もかなり太め。

 


田中さんが話していたことは
僕にもよくわかる。

 


だが、この時、僕は
何とも言えない複雑な心境に
なっていた。

 


なぜなら、僕も昔、
高橋さんと同じ立場だったから。

 

 


僕の20代前半から半ば頃の
生活については、過去の日記には
ほとんど書いていないんだけれども
状況は相変わらず凄惨を極めていた。

 


この頃、僕は努めて明るく
振る舞っていたが、僕自身の人間性を
他人に理解してもらえるまでに
かなりの時間がかかったことが
記憶に残っている。

 


長期間にわたって僕と接している人は
僕のことを理解してくれていて
仲良くなれるのだが、特に初対面の人は
僕に対して冷たかった。

 


とあるパートさんの送別会に
出席した時、僕の目の前には20代半ばの
知らない女性が座っていた。

 


送別会が始まっておよそ1時間経過した頃、
その女性は僕に言った。

 


「気持ち悪いからこっち見ないで」

 


僕はショックだったが場の空気を壊さないために
笑って誤魔化していた。

 


このような飲みの席では同僚の多くは
恋愛トークに花を咲かせていたが
僕はその輪の中に入ることができなかった。


いや、正確に言うと、
輪の中に入ることが許されない雰囲気が
あったのである。

 

 


さて、ここまで一気に書いてきたんだけど
長くなりそうなのでこの続きは次回にしようと思う。

 


次回は「不細工というものの定義」について
考えていくことにしよう。

-雑記


comment

CAPTCHA


関連記事

BNLS注射の嘘と真実

僕は以前から「BNLS注射」の効果を疑っている。     知ってる人も多いとは思うんだけど BNLSとは「Brand New Liposculpting Solution」の略で …

オルフェスの化粧品CMを考える

ロハス製薬のフェイスマスク「オルフェス」のCMが 物議を醸しているとの記事がヤフーニュースに あったので興味本位で視聴してみた。     CMは「チャンス篇」と「ピンチ篇」の2種類 …

ブログのリニューアルに関して

お久しぶりです。   当ブログ『「※ただイケ」はある』 の管理人「ほぴぃ」と申します。   最後にこのブログを更新したのが昨年の11月 なので、もう10か月近く経ったことになります …

小顔矯正および鼻を矯正する器具に関する話

こんばんは、ほぴぃです。   今回の記事ではヤフー知恵袋などの 質問サイトにおいてよく見かける質問に 僕がこのブログで勝手に 回答していこうと思います^^ (ちなみに自分はヤフー知恵袋で た …

整形手術のビフォーアフター写真掲載禁止について

先日、ネットニュースを読んでいて美容整形に関する 重要な記事を見つけた。   「美容整形、手術前後のHP写真禁止…被害相次ぐ」 http://news.livedoor.com/articl …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ