「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

鼻整形

鼻整形手術後・10日目

投稿日:2016年10月31日 更新日:

ブレイク
エスナ
金の針
ストロスのつえ

 

 


頭の中にこんな単語が思い浮かんでくる。

 


ゲームなんて最近あまりやってないのに。

 


これらはすべて「石化」に関連する魔法や道具だ。

 


職場から家に帰る途中、
歩きながら僕は「自分の鼻」を触っていた。

 


「まるで石みたいだ」

 


そう。


僕の鼻は「石化」していた。

 


触ると鼻全体(小鼻も含めて)が
カッチカチに硬くなっている
のがわかる。

 


医学的には「拘縮」というらしいんだけど、
特に鼻の形が変形しはじめてる、とか、
痛みがでている、とか
そういったことは全くないため、
そこまで重大な状況ではなさそうだ。

 


これに関してはとりあえず
様子をみてみることにしよう。

 

 


それともう1つ気になることがある。


それは「自分の鼻ではない感じがする」ということ。


まぁある程度は覚悟してたんだけど
道を歩いていて、振動が鼻に伝わると
顕著にそれを感じる。


なんていうか「つっぱり感
みたいな感覚かな。

 


「もうこれまでのような普通の鼻の感覚には
戻れないんだろうなぁ」

 


その時の僕はそう思った。

 


家に帰ってからは小鼻周辺の傷口に
綿棒で抗生物質を薄く塗ったり
寝る前にテーピングを行ったりすることを
怠らなかった。

 


そうそう、それともう1つ
書き忘れていたことがあった。

 


ちょっと汚い話なんだけど、
鼻の整形をして以降、
鼻毛を気にする必要性が減ったのだ。

 


今までは少しでも鼻毛の処理を怠ると
毛が鼻の穴から飛び出してきていたわけだが
整形後はどういうわけか
そういうことがあまりなくなった。

 


この理由はよくわからないけど、普通に考えると、
鼻毛が伸びる方向に空間がなくなり、
壁ができたってことになるのかな?

 

 


さて、本来ならば1か月後、2か月後の
鼻の写真を撮っておくべきだったんだけど
面倒で撮っていなかったため、次回の記事では
いきなり3か月後の経過を説明することになる。

 

 


果たして「石化した」僕の鼻は
どうなってしまうのか? (´・ω・`)

 

 


つづく

韓国ラーメン

 

 

→「鼻整形手術後・3か月目」へ

-鼻整形


comment

CAPTCHA


関連記事

韓国へカウンセリングに行く(その4)(鼻整形編)

病院Bでのカウンセリング、血液検査を終えた僕は 一度ホテルに戻り休憩。   その後、明洞にある「明洞餃子」で 「マンドゥ」と「カルグッス」を食べた。 「マンドゥ」は小籠包のような形をした餃子 …

鼻整形手術後・6日目

朝8時起床。   荷物をキャリーバッグに詰め込み、 お世話になったこの部屋に別れを告げた。 フロントに行き、キャリーバッグを預かってもらう。   目的地は「水原城」 2日前と同じ路 …

鼻整形手術・前日

カウンセリングを終えてからの1か月間は 本当にあっという間だった。   今回は輪郭整形ほど大掛かりな手術ではないので 持ち物などの準備はそこまでしっかり 行なってはいない。   食 …

鼻整形手術・前日(その2)

成田空港に到着した僕は 急いでチェックインを済ませ 荷物検査、出国手続きを終えて 大韓航空の飛行機に乗り込んだ。   ところが天候不良(この日は北海道や東北北部で 猛吹雪になっていた)のため …

鼻整形手術後・4日目

寄り目についてはこれ以上考えても仕方がない。 ギプスをはずして、 それでもおかしいようなら対策を考えよう。   この日、僕の体調はあまり良くなかった。 昨日の疲れが出たのかもしれない。 体が …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ