「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

鼻整形

鼻整形手術後・3日目

投稿日:2016年10月24日 更新日:

外は雨が降っていた。

 

 


ここは地下鉄4号線「恵化(ヘファ)駅」から
10分程度歩いたところにある
梨花洞(イファドン)という地域。

 


ほんとは寒くて外に出る気が起きなかったけど
ずっとホテルに籠っているのも体に良くないし
少し歩く方が腫れも早くひくかもしれない、とのことで
はるばるやって来たのだった。

 


この地域一帯は「路上美術館」と呼ばれ
街の中が数多くのアート作品で溢れている。


特に壁面アートは素晴らしく、
おもわず写真を撮らずにはいられないほど
見事だった。

 

梨花洞1

梨花洞2

梨花洞3

 

ここに1時間ほど滞在し、
その後に明洞へ向かった。

 


明洞を歩いていると多くの屋台が目に付く。
屋台の料理を眺めていると、
どんな味がするのか気になって仕方がない。


買うつもりはなかったが、
思わず買ってしまった・・・

 

サムギョプサル焼きそば
サムギョプサル焼きそば(4000ウォン)

 


味は日本の焼きそばとはちょっと違っていて
甘めの味付けだった。


正直言うと日本の焼きそばの方が好みかな笑

 


さらに道を歩いていき「キンパ」のお店へ。


「キンパ」というのは「韓国風のり巻き」のこと。
要するに日本でいう「太巻き」だ。


僕が買ったのは「牛肉キンパ」


このお店のキンパには数多くの種類があり、
韓国語でうまく発音できる自信がなかったので
ネット情報をもとにして、紙にハングルを書き
それを店員さんに見せることで購入できた。

 


ホテルに戻り晩御飯。
昨日のフライドチキンをおかずにして
キンパを食べる。


日本では普段あまりのり巻きのようなものを
食べない僕だったが
これはなかなか美味しかったように思う。

 

キンパ

 

机の上の鏡で自分の顔を確認してみる。
鼻に関してはまだギプスがついているため、
今どんな感じなのか自分でも全くわからない。
(だから写真を1枚も撮っていない)

 


ただ気になることが1つ。


それは以前の記事にも書いたが、
目が寄り目になっているということだ。

 


先生いわく、男性は鼻の皮膚が分厚いのが
一般的なのだそうだが
僕の鼻の皮膚は女性以上に薄いのだという。


したがって真皮を挿入することになったわけだが


「皮膚が薄い人が無理やり目と目の間に
人工物を入れて高さをだすと
目の部分の皮が引っ張られて
寄り目になってしまうのではないか?」


という恐ろしい想像が脳裏をよぎり、
頭から離れなくなってしまった。

 


僕はネットでこのことについて徹底的に調べ、
鼻の整形で目が寄り目になることは
基本的にはない
、という意見を目にしたのだが、
依然として不安は払拭されず
日付が変わってもなおネットで
寄り目について調べ続けていたのだった。

 

 

つづく

 

 

→「鼻整形手術後・4日目」へ

-鼻整形


comment

CAPTCHA


関連記事

鼻整形手術後・9日目

僕の経験上、輪郭整形は他人にバレにくい。 その理由は大きく分けると3つある。     【理由1】目の整形や鼻の整形と比較して 輪郭整形の一般認知度は低く、 まさか輪郭を整形している …

鼻整形という名の迷宮

わからない わからない、わからない、わからない・・・ どこの病院に行けばいいのか、わからない     僕は途方に暮れていた。   東京近郊にある美容外科で 鼻整形が得意そ …

韓国へカウンセリングに行く(その3)(鼻整形編)

甘味庵(仮名)でのカウンセリングが 思ったよりも早く終わったので とりあえずお昼ご飯を食べるために明洞へ向かった。   立ち寄ったのは「神仙ソルロンタン」という超有名店。 ソルロンタンとは牛 …

韓国へカウンセリングに行く(鼻整形編)

カウンセリングを予約してから1週間後、 僕は再びこの地を訪れた。     また来るような気はしていたんだ。     僕はまず、仁川国際空港から 空港鉄道と地下鉄 …

鼻整形手術後・3か月目

手術からちょうど3か月が経過した。   日常の波に飲み込まれて日々を過ごすうちに 整形を行ったのは遠い昔のことのように感じられる。   病院でもらった抗生物質に関しては 術後1か月 …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ