「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

鼻整形

鼻整形手術後・1日目

投稿日:2016年10月22日 更新日:

体調が悪くて夜中、何度か目が覚めた。

 


浅く眠っては起きて、また浅く眠って、
起きて、の繰り返し。

 


体調が良ければこの日、観光に行こうかと
思っていたがそれは無理そうだ。

 


やはり体のだるさは改善されていない。

 


ベッドから起き上がって顔をあげてみる。


そして、鼻の下(鼻と口の間)に当ててある
ガーゼをはずしてみた。

 


ガーゼは昨日からの鼻血のせいで真っ赤になっていた。


鼻水が流れてきて、
そこに血が混じっているが昨日よりは赤くない。


つまり出血は減っているということだ。

 


鼻の穴の近辺には小鼻縮小によりできた傷口があり、
黒い糸で丁寧に縫われている。

 


病院で指導されたように、
僕は綿棒に抗生物質を少量とり、
糸に沿ってそれを塗っていった。


痛みはほとんどない。

 


次に、冷凍庫で冷やしておいた
アイスパックを取り出し
それを目と目の間あたりに当てた。

 


「冷たくて気持ちいい・・・」

 


輪郭整形と同様に、
鼻整形でも冷やすことは重要らしかった。

 


新しいガーゼに付け替え、テープで固定。

 


少しお腹がすいていたので、
「どら焼き」と「ポテトチップス(Lay’s)」を食べる。

 


鼻が詰まっているせいで味はあまりわからないが、
ポテトチップスの食感、塩気は強く感じられた。

 


「なんなんだ、このポテチは!うますぎる!!
もっと買っておくべきだった・・・!!」

 


ホテルの無料Wi-Fiでネットに繋ぎ、
この「Lay’s」というポテチについて調べた。


「なるほど、日本じゃなくてアメリカで
製造販売しているポテチなんだ」


「どうりで食べたことなかったわけだ・・・」

 


気付いた頃にはポテトチップスを
全部食べ切っていた。

 


テレビをつけてみる。


しかし、このホテルのテレビではNHKなども含め
日本の番組を視聴することはできなかった。


唯一見ることができた日本っぽい番組が
速水もこみちが出演している
「MOCO’Sキッチン」という料理番組。


この番組は日テレ「ZIP!」の1つの
コーナーだったはずだが、
完全に韓国仕様になっており、
まるで速水もこみちが韓国語を話しているかのように
映像・音声加工されていた。


それが面白くて、僕はただひたすら
「MOCO’Sキッチン」を見続けた。

 


夜になり、晩御飯を食べる。


ホテルに備え付けてある電子レンジで
「レンジでチンするご飯」を温め
そこに「韓国海苔のふりかけ」をかけて食べた。


味はわからなかったが、
舌で感じられる塩分が心地よかった。

 


明日はまた病院へ行かなければならない。
だからできる限り体を清潔にしておきたい。

 


「お風呂に入ろう」

 


もちろん浴槽に浸かるのはNGなので
シャワーだけ浴びる。

 


「鼻」だけでなく、
「耳」も水で濡らしてはならない。


右耳から耳介軟骨を採取したため、
ガーゼが貼られているのだ。

 


僕は慎重かつ迅速にシャワーを浴び、
久々にすっきりとした気分になった。

 


水分補給をして薬を忘れずに服用する。

 


あれだけ寝たはずなのにまた眠たくなってきた。

 


僕は携帯のアラームを10時にセットし、目を閉じた。

 

 


つづく

抗生物質

 

 

→「鼻整形手術後・2日目」へ

-鼻整形


comment

CAPTCHA


関連記事

鼻整形手術後・3日目

外は雨が降っていた。     ここは地下鉄4号線「恵化(ヘファ)駅」から 10分程度歩いたところにある 梨花洞(イファドン)という地域。   ほんとは寒くて外に出る気が起 …

韓国へカウンセリングに行く(その2)(鼻整形編)

朝起きると時刻は10時。   朝ごはんを食べるのは面倒なので シャワーだけ浴びてホテルを出た。   11時ちょっと前に「甘味庵(仮名)」が 入っているビルに到着。 かなり道に迷った …

鼻整形手術後・3か月目

手術からちょうど3か月が経過した。   日常の波に飲み込まれて日々を過ごすうちに 整形を行ったのは遠い昔のことのように感じられる。   病院でもらった抗生物質に関しては 術後1か月 …

鼻整形手術後・10日目

ブレイク エスナ 金の針 ストロスのつえ     頭の中にこんな単語が思い浮かんでくる。   ゲームなんて最近あまりやってないのに。   これらはすべて「石化」 …

鼻整形手術・当日

朝9時、僕は目を覚ました。   一瞬「ここはどこだ?」と戸惑う。   「あ、そうだ、韓国に来てて今日は手術当日だった」   僕は自宅以外の場所で寝ると 寝起きの際に戸惑う …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ