「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

鼻整形

鼻整形手術・前日(その2)

投稿日:2016年4月13日 更新日:

成田空港に到着した僕は
急いでチェックインを済ませ
荷物検査、出国手続きを終えて
大韓航空の飛行機に乗り込んだ。

 


ところが天候不良(この日は北海道や東北北部で
猛吹雪になっていた)のため
飛行機が空港内で立ち往生。


なかなか離陸せず、結局、
仁川国際空港には1時間以上遅れて到着した。

 


到着ロビーに出ると、
僕の名前が書かれたプラカードを持っている
おばさんが椅子に座っている。


この方は空港からホテルまでの送迎サービスを
行ってくれるドライバーさんだ。

 


僕はドライバーさんに話しかけ、名前を名乗った。

 


ドライバーさんは車まで僕を案内し、
宿泊予定のホテルへと車を走らせた。

 


ドライバーさんは言った。


「ユーアー ハンサムボーイ!」


僕は今まで「ハンサム」だなんて
言われたことがない。


だから最初何を言っているのかわからなかった。

 


「もしかして輪郭整形の効果が
出てきたのかなぁ・・・」


とも思ったが、とりあえず
「No! No!」と言っておいた。

 


今回は輪郭整形の時とは違って
病院が宿泊先のホテルを予約してくれたりは
しないので、自分で宿泊先を決める必要があった。

 


そこで僕は病院の近くの安いホテルを
宿泊先として選んだ。


韓国ではホテルのフロントの人が
日本語を話せることが多いように思うが
ここの場合は英語と韓国語しか通じない。


おそらく、そのために値段が安いのだろうと思う。

 


目的地近くになると道路がかなり渋滞し、
結局ホテルまで2時間近くかかった。

 


ホテルの部屋に荷物を置いた僕は少し休憩し
その後、明洞へと向かう。

 


明洞に行った目的の1つ目は晩御飯を食べること。


前回訪れた「明洞餃子」のお店で
「マンドゥ」と「カルグッス」を食べた。


今回もまぁ美味しかったのだが、
前回の方が美味しかったような気がする。

 


2つ目の目的は、食料の確保。


今回は日本から何にも食料を持ってきていないので
とりあえず3日分ぐらいの食料を買っておくことにした。

 


買ったものは「レンジでチンするご飯」
「どら焼き」「ポテトチップス」「韓国の伝統お菓子」
「水」「韓国海苔のふりかけ」
「缶詰の加熱調理済みの肉(ランチョンミート)」

 


僕はこれらをホテルに持ち帰り、
翌日の手術に備えて早めに就寝したのだった。

 

 


つづく

 

 

→「整形ブログを書かなくなってしまう人の心理」へ

-鼻整形


  1. より:

    その後如何されてますか?
    すごく続きが気になります!

  2. より:

    はじめまして。
    とても文章の上手なブログでいらっしゃり、一気に読んでしまいました。私も鼻の整形を考えており、参考にしたいと思って読んでいたのですが、まさかの前日で記事が終わっていらして…
    続きを書いてはいただけませんでしょうか。
    仰る通り世の中には鼻整形の過程やその後の書いてあるブログが少なく。。
    こんなにしっかりと書かれたブログで、ぜひ続きを読みたいと思いました。どうか、よろしくお願いいたします。

  3. Hopy(ほぴぃ) より:

    > う さん
    ありがとうございます。ほぴぃです。
    続きについてですが、またゆっくり書いていこうと思うので
    見てもらえれば幸いです。

  4. Hopy(ほぴぃ) より:

    > 涼さん
    ありがとうございます。ほぴぃです。
    しばらくブログはお休みしていましたが、また再開したいと思います。
    鼻の整形を考えておられるとのことなので参考にしていただければ幸いです。

comment

CAPTCHA


関連記事

韓国へカウンセリングに行く(その4)(鼻整形編)

病院Bでのカウンセリング、血液検査を終えた僕は 一度ホテルに戻り休憩。   その後、明洞にある「明洞餃子」で 「マンドゥ」と「カルグッス」を食べた。 「マンドゥ」は小籠包のような形をした餃子 …

鼻整形手術後・10日目

ブレイク エスナ 金の針 ストロスのつえ     頭の中にこんな単語が思い浮かんでくる。   ゲームなんて最近あまりやってないのに。   これらはすべて「石化」 …

鼻整形手術後・6日目

朝8時起床。   荷物をキャリーバッグに詰め込み、 お世話になったこの部屋に別れを告げた。 フロントに行き、キャリーバッグを預かってもらう。   目的地は「水原城」 2日前と同じ路 …

鼻整形手術後・3日目

外は雨が降っていた。     ここは地下鉄4号線「恵化(ヘファ)駅」から 10分程度歩いたところにある 梨花洞(イファドン)という地域。   ほんとは寒くて外に出る気が起 …

鼻整形手術・当日

朝9時、僕は目を覚ました。   一瞬「ここはどこだ?」と戸惑う。   「あ、そうだ、韓国に来てて今日は手術当日だった」   僕は自宅以外の場所で寝ると 寝起きの際に戸惑う …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ