「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

鼻整形

鼻整形という名の迷宮(その2)

投稿日:2016年4月5日 更新日:

鼻整形は難しい手術になる。

 


だから、甘く見てはいけない。


それが僕の認識だ。

 


では、どうすればいい?

 

 


「・・・もう一度、行こう・・・韓国へ」

 

 


日本で良い医者を見つけられないならば、
整形大国・韓国へ行くしかない。

 


だが、韓国の鼻整形事情も日本とよく似ている。


やはり手術内容に不満を持つ人が多くいて
再手術が頻繁に行われていた。

 

 


ネット上では「甘味庵(仮名)」という
美容外科の評判がいいみたいだが
なんとなく「ここだ!」という感じがしない。

 


「どうしたらいいんだ・・・」

 


悩んで、悩んで、悩みぬいた。


そして僕が最後にたどり着いた答えは

 


「実際にカウンセリングにいくつか行ってみて
自分の目で確かめる」ということだった。

 

 


当たり前のことだ。


他人から勧められた病院で整形して
失敗したとしたら、その後悔は計り知れない。


だが、自分で一生懸命考えて決めた
病院であったなら諦めがつく。

 


僕はホームページやネットの評価を考慮して
候補を3つに絞り込んだ。

 


「病院A」「病院B」そして「甘味庵(仮名)」
いずれもソウル市内にある病院だ。


僕はこれら3つの病院にメールを送り、
カウンセリングの予約をしたのだった。

 

 

→「韓国へカウンセリングに行く(鼻整形編)」へ

-鼻整形


comment

CAPTCHA


関連記事

鼻整形手術後・5日目

僕は歩いていた。     長い、長い、川沿いの道を歩いていた。   いくつの橋を越えたのだろうか?   わからない。   まっすぐ。   た …

鼻整形手術後・2日目

この日は10時に起きる予定だったが、 一度目が覚めた後もテレビを見ながら ウトウトしていたので、結局朝ごはんの 「どら焼き」を食べたのは昼の12時頃になった。   体調は少し良くなったようだ …

鼻整形手術・前日

カウンセリングを終えてからの1か月間は 本当にあっという間だった。   今回は輪郭整形ほど大掛かりな手術ではないので 持ち物などの準備はそこまでしっかり 行なってはいない。   食 …

鼻整形手術・当日

朝9時、僕は目を覚ました。   一瞬「ここはどこだ?」と戸惑う。   「あ、そうだ、韓国に来てて今日は手術当日だった」   僕は自宅以外の場所で寝ると 寝起きの際に戸惑う …

鼻整形手術後・3日目

外は雨が降っていた。     ここは地下鉄4号線「恵化(ヘファ)駅」から 10分程度歩いたところにある 梨花洞(イファドン)という地域。   ほんとは寒くて外に出る気が起 …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ