「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

輪郭整形

輪郭整形手術後・1か月目

投稿日:2016年3月31日 更新日:

夏目アナの最後の出演泣けました・・・(´;ω;`)

 


次回の放送は4月13日ですが、
番組がどうなってしまうのか
心配でたまりません。。

 

 


それはさておき
輪郭整形1か月後・・・

 


輪郭整形の完成にはかなりの時間がかかるため、
術後1か月後というのは
まだまだ腫れまくっている状態。

 


この段階で僕はあることに気づいた。


それは「仕事から帰って鏡を見ると、
輪郭がほっそりしているように見える」
ということ。

 


つまり「朝の顔」と「夜の顔」とでは
輪郭の大きさが結構違う
のである。

 


また、散歩して歩いた後も、
顔のむくみが減少しているのが感じられた。


だから僕は1日のうち合計で1時間ぐらいは
歩くように心がけていた。

 


現時点で残っている後遺症は


顎のつっぱり感


そしてもう1つ


もみあげの部分の骨の突出」である。


これについては外から見るだけではわからないが、
もみあげの部分を手で触ると
骨がボコッと突出している感覚がある。


なお、もみあげ部分の骨の突出は
ネット上でも以前から報告されており、
詳細については今後の日記で記したいと思う。

 


画像は左が手術前、右が手術1か月後である。


画像の大きさが異なるので、ややわかりづらいが
右の方がシャープな輪郭になっているのが
わかるだろうか。


・・・とは言ってもまだ術後1か月である。

 


僕は面倒くさがりやなので、
あまり写真を撮っていないのだが
撮ってある分については
少しずつアップしていこうと思う。

 

 


つづく

 

 

→「輪郭整形手術後・45日目」へ

-輪郭整形


comment

CAPTCHA


関連記事

自分の顔を知る、ということ

僕は自分の顔が嫌いだった。   だから鏡で自分の姿を見るなんてことは、 どうしても必要な時以外しなかったし、 街でショーウインドーに映る自分の姿からは 目を背けて生きてきた。   …

輪郭整形手術後・1日目

僕は暗闇の中にいた。     何もない無の世界 ふわふわとした感覚   「僕は何をしてるんだろう」   「わからない」   「・・・あっ・・そういえば …

輪郭整形手術後・192日目

山手線に乗り、新宿へ。 そこから中央線に乗り換えて数駅。 改札を出ると目の前に「カラオケ店」が 入っている建物が見える。 僕はその建物へと入っていった。     時刻は11時30分 …

輪郭整形手術・当日

空港で入国の手続きや税関での申告 (1万ドル以上の現金の持ち込みがあるため) を終えた僕は前回カウンセリングに来たときと同様に 空港鉄道と地下鉄で明洞へ向かった。   ここで通訳さんに教えて …

どこの病院で整形すべきか、ということ(その3)

韓国での整形について調べているうちに、 段々といろいろなことがわかってきた。   韓国はよく言われる通り、たしかに整形大国であり 多くの美容外科が存在する。 そしてその美容外科医の技術・能力 …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ