「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

輪郭整形

輪郭整形手術後・3週間目

投稿日:2016年3月29日 更新日:

手術後15日目

 


ようやく喉の痛みが小さくなった。


人工呼吸器の気管内挿管を行なったせいで
喉が痛いのだとばかり思っていたが
どうやら風邪をひいた影響が大きかったようだ。

 

 

 

 


手術後16日目


歩いてちょっと遠くのラーメン屋にまで行った。


店内に入ると、座席のところに
なぜが鏡が設置されており
そこに自分の顔が映った。

 


「あれ、いつもと顔が少し違う・・・」

 


それが輪郭整形後はじめて感じた
「良い方向への顔の変化」だった。

 

 

 

 


手術後17日目


食事の際、「噛む」動作をある
程度行えるようになった。


ただし、口はまだあまり開かないので、
大きなものは細かくして口に入れていた。

 

 

 

 


手術後18日目


職場で「痩せた?」と言われた。


この時はマスクを着用していたので、
もしかすると「頬骨縮小」の効果で
痩せたように見えたのかもしれない。

 

 

 

 


手術後3週間が経過


仕事で会話をするのが楽になり、
発声もある程度問題なく行えるようになった。


しかし、顎のツッパリ感は依然として強く感じる。

 


画像は左が手術前(手術の約3か月前)
右が手術3週間後である。


顔のパーツは隠しているが、輪郭を見るだけでも
僕がいかに不細工だったかわかるかもしれない。

 


念のために書いておくが
この時の僕の体重は48 kg程度だ。


つまり、もし僕が同年代の男性の
平均体重だったとしたら、
これよりももっと顔に肉がついていることになる。

 


手術3週間後の顔を見てみると
画像ではわかりにくいが、
顔の下半分の下膨れが少し小さくなっている。


この時点で鏡を見ると「不細工感」が
確実に減少しているのが感じられた。

 

 


つづく

 

 

→「美意識の変化」へ

-輪郭整形


comment

CAPTCHA


関連記事

輪郭整形手術後・8日目

今日は早めに起床し、 レストランで最後の朝食を食べた。   最後だし、柔らかいものに関しては 片っ端からお皿に乗せていく。 でもやっぱりスクランブルエッグが 一番印象に残ったように思う。 & …

輪郭整形手術・当日

空港で入国の手続きや税関での申告 (1万ドル以上の現金の持ち込みがあるため) を終えた僕は前回カウンセリングに来たときと同様に 空港鉄道と地下鉄で明洞へ向かった。   ここで通訳さんに教えて …

輪郭整形手術後・45日目

輪郭整形2週間後から2か月後ぐらいまでの間は 精神的に大変だとネットに書いてあったのだが、 たしかにその通りだった。   「高いお金を払った価値はあったのだろうか?」   「輪郭整 …

自分の顔を知る、ということ

僕は自分の顔が嫌いだった。   だから鏡で自分の姿を見るなんてことは、 どうしても必要な時以外しなかったし、 街でショーウインドーに映る自分の姿からは 目を背けて生きてきた。   …

no image

どこの病院で整形すべきか、ということ(その5)

僕は夜の街を颯爽と歩いていた。   目的地はもう近い。 目の前には古びた雑居ビル。     「・・・ここだ」     僕は意を決して中に入った。 &n …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ