「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

輪郭整形

輪郭整形手術後・9日目

投稿日:2016年3月25日 更新日:

朝の6時、目が覚めた。

 


なんとなく体調が良くない。


ネットカフェのこんな狭い空間で
無理やり仮眠をとったのが
マズかったのだろうか。

 


何はともあれ、まずは東京駅まで行き、
コインロッカーにキャリーバッグを入れる。

 


これで荷物はリュックサック1つになった。


もちろん数日間の旅に必要な分の衣服や
日用品は持参している。

 


駅の構内で駅弁を購入した後、
僕は東海道新幹線に乗った。


「のぞみ」でも「ひかり」でもない
「こだま」だ。


焦ることはない、時間はたっぷりある。

 


新幹線の中で駅弁を食べ、
4時間後に新大阪駅に到着した。

 


そういえば、この時食べた駅弁は和食中心の
おかずがいっぱい入っている弁当だった。


何の気なしに選んだのだが、
やはり海外にしばらく滞在していたために
無意識に「和食」を懐かしく思ってしまっていた
のかもしれない。


新大阪駅からはJR、南海高野線、
ケーブルカー、バス、と乗り継ぎ
高野山に到着。

 


高野山は初めて訪れたが、
街全体が寺院となっており
厳かな雰囲気がある場所だった。

 


帰りも南海高野線とJRに乗車。


だが、ここで体調が悪化した。

寒気がしてきて明らかに熱があるようだった。

 


手術から1週間以上経って、
だいぶ体調がもとに戻ったかのように思っていたが
そんなに簡単に体は回復しない、
ということを思い知った。

 


リュックの中から「アセトアミノフェン」を
取り出し服用する。


電車の中では座席に座り、
目を閉じて眠っていた。

 


時刻は19時30分


JR和歌山駅に着いた。


薬が効いてきたのか、体は楽になっている。

 


「とりあえず、何か食べよう・・・」

 


というわけで、駅からしばらく歩いて
「井出商店」という和歌山ラーメンのお店へ。


和歌山ラーメンは食べたことがなかったが
ドロッとしたスープに細麺が特徴的で美味しかった。


ラーメンを食べたのは2週間ぶりぐらいだったが、
もう数ヶ月食べてなかったかのように感じた。

 


ラーメンを食べた後、
「総本家めはりや」というお店で
名物の「めはり寿司」を購入しテイクアウト。

 


20分近く歩いてビジネスホテルへ。

 


めはり寿司は具が入ってないおにぎりを
高菜の葉で包んだもので
特別美味しい、というわけではないが
物珍しさで食べてみるのもよいかと思う。


ちなみに、めはり寿司は1つの大きさが結構大きい。


今の顎の状態ではまだ口を少ししか
開けることができないため
箸で小分けにして、少しずつ食べた。

 


どうやら食欲だけはあるようだ。


体調があまり良くないので
この日は早めに就寝したのだった。

 

 


つづく

 

 

→「輪郭整形手術後・10日目」へ

-輪郭整形


comment

CAPTCHA


関連記事

輪郭整形手術後・1日目

僕は暗闇の中にいた。     何もない無の世界 ふわふわとした感覚   「僕は何をしてるんだろう」   「わからない」   「・・・あっ・・そういえば …

どこの病院で整形すべきか、ということ(その3)

韓国での整形について調べているうちに、 段々といろいろなことがわかってきた。   韓国はよく言われる通り、たしかに整形大国であり 多くの美容外科が存在する。 そしてその美容外科医の技術・能力 …

輪郭整形手術後・45日目

輪郭整形2週間後から2か月後ぐらいまでの間は 精神的に大変だとネットに書いてあったのだが、 たしかにその通りだった。   「高いお金を払った価値はあったのだろうか?」   「輪郭整 …

輪郭整形手術後・1か月目

夏目アナの最後の出演泣けました・・・(´;ω;`)   次回の放送は4月13日ですが、 番組がどうなってしまうのか 心配でたまりません。。     それはさておき 輪郭整 …

輪郭整形手術後・10日目

どうやら体調は良くなったらしい。 この日の朝の目覚めは良好だった。   まずはホテルから歩いてすぐのところにある 和歌山城を見学。   続いて和歌山駅の駅ビル内にある 「キミノーカ …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ