「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

輪郭整形

輪郭整形手術後・1週間目

投稿日:2016年3月23日 更新日:

今日は朝食を食べた後、
お昼過ぎまで部屋でテレビを見てまったりしていた。

 


ちなみに僕が泊まっていたホテルでは
NHKの番組を視聴することができたので
NHKニュースや「ためしてガッテン」などの
生活情報番組ばっかり見ていた。

 


時刻は15時前。
僕は病院へと向かった。

 


病院ではまず、3日目に行ったのと同様に
顔の腫れを引かせるための
マッサージを行ってくれた。

 


それが終わると、通訳さんがやってきて
別の建物に移動。


処置室のようなところに連れていかれ、
椅子に座るように言われる。

 


座ると何やら看護師さんが驚いている様子。


通訳さんが言うには、
僕の体重が軽すぎるらしい。


そりゃあ、手術直後に高熱が出て
ほとんど何も食べられず、
数日前までウイダーinゼリーとメイバランスしか
摂取してなかったのだから当たり前だ。


ひょっとしたら45 kgぐらいしか
なかったかもしれない。

 


しばらく待っていると、先生が現れた。


こめかみに貼られた透明テープを剥がされる。


そして左右のこめかみの傷口の抜糸。


ハサミみたいな器具でチョキチョキ切っていく先生。

 


「良かった・・全然痛くない・・・」

 


抜糸を終え、胸を撫で下ろしていると、
先生は僕の口の中を念入りにチェックし始めた。

 


「口の中は大変綺麗な状態です。
傷もふさがっています」

 


そして通訳さんに何やら話をしている。


しばらくして通訳さんは言った。

 


「良かったですね、日本で抜糸しなくていいですよ~
これから口の中の抜糸もしてくれるみたいです」

 


困惑する僕。

 


「えっ、口の中の抜糸は
術後2週間後じゃなかったの・・・??」

 


看護師さんは僕の口の中に
棒のようなものをねじ込み、その棒を僕に手渡す。


この状態のまま、
手で棒を固定しておくように僕に言った。
そして、先生が僕の唇をめくって糸を切っていく。

 


(痛いぃぃぃぃぃ!!!!!)

 


心の中で絶叫する僕。


そんなのお構いなしに
先生は次々と糸を切っていく。


抜糸すべき箇所はかなり多い。


あまりの痛さに悶絶し、そして僕は

 


“泣いた”

 


もちろん僕は男だから嗚咽して泣いたわけではない。

目から勝手に涙が流れてきたのである。


そういえば、輪郭整形体験談を記した誰かのブログには


「口の中の抜糸したけど全然痛くなかったよ~☆」


みたいなことが書いてあったんだけど・・・

 


「嘘乙(´;ω;`)」

 


泣きながら僕はそう思った。

(まぁ、おそらく痛かったのは予定より
1週間早く抜糸したからなんだろうけど)

 


抜糸が全て完了すると

 


「痛かったね、痛かったね~よしよし」

 


みたいな感じで通訳さんに慰められた。

 


男という生き物はいくつになっても子供なのです。。


先生いわく、顔は術後すぐの頃よりも
細くなってきているけど
まだまだ腫れている、とのこと。

 


また、左右差が少しあるが
これもいずれ改善していくらしい。

 


こうして病院を後にした僕はホテルへと戻り、
夕食を食べた。

 


そして久々にお風呂で髪を洗い、荷造りを行う。


いよいよ明日は日本へ帰国する日だ。

 


僕はこの1週間の思い出を振り返りながら
韓国での最後の夜をすごした。

 

 


つづく

 

 

→「輪郭整形手術後・8日目」へ

-輪郭整形


comment

CAPTCHA


関連記事

輪郭整形手術後・11日目~13日目

長かった旅もついに最終日。 この日の朝はゆっくりと起きた。   まずは近鉄奈良線の大和西大寺駅近くの 百貨店の中にある「551蓬莱」にて 肉まんと焼売を購入。   電車で移動し、高 …

韓国へカウンセリングに行く(その2)(輪郭整形編)

駅から外に出て歩いて病院へ。   受付でカウンセリングを予約していた旨を伝えると 上の階に行くように、と言われる。 エレベーターで上階へ移動し、 そこにある椅子に座って待っていると 通訳さん …

輪郭整形手術後・8日目

今日は早めに起床し、 レストランで最後の朝食を食べた。   最後だし、柔らかいものに関しては 片っ端からお皿に乗せていく。 でもやっぱりスクランブルエッグが 一番印象に残ったように思う。 & …

輪郭整形手術後・6日目

目が覚めると朝の6時半。 7時になるのを待って 朝食を食べに向かう。   「今日は何を食べようかな・・・」   見渡してみて、1つのお惣菜に目が留まった 「プルコギ」だ。 正確には …

no image

どこの病院で整形すべきか、ということ(その2)

「非日常を疑うことは重要ではない。 日常を疑うことこそ重要である」   僕が昔読んだ本にこんな言葉が書いてあった。   これを少し簡単に言うと 「普通ではないことに疑問を持つのは重 …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ