「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

輪郭整形

輪郭整形手術後・5日目

投稿日:2016年3月21日 更新日:

昨日食べたスクランブルエッグが
美味しかったので
今日もまた朝食を食べに行くことにする。

 


「今日は違うものも食べてみよう」

 


僕は昨日は食べなかった
「チャーハン」をお皿に盛った。


もちろんスクランブルエッグも忘れずに。


その他にフルーツポンチや
一口サイズのケーキもお皿にのせた。

 


席に座って食べ始めると
「あること」に気づく。


チャーハンを口に入れると、
口の中の傷口の盛り上がった部分に挟まって
とれなくなってしまうのである。

 


今までは、水分を多く含むものを食べていたので、
あまり気にならなかったが
チャーハンのように水分が少ないものの場合、
傷口の部分に挟まりやすい。

 


口の中の傷口はまだ抜糸をしていないので
糸が残っており、そのせいで余計に食べ物が
絡みやすくなっていた。

 


チャーハンが口の中に残っている状態で
ケーキを食べる僕。

 


「なんだか気持ち悪い・・・(´・ω・`)」

 


たまらず、オレンジジュースで口の中をゆすぐ。


お行儀が悪いけど仕方がない。

 


僕は口の中に物が挟まらないように
慎重に朝食を食べ、部屋に戻った。

 


部屋に戻るとすぐにうがいを行う。

 


ちなみに「うがい」にはやり方があるので
一応説明しておこう。

 


まず、口にうがい薬を含み、
口の内部の上下左右を力を入れて
10秒間グチュグチュする。


次にうがい液を吐き出し、
同じことを10回繰り返す。


うがいを終えてもすぐには
水で口をゆすがない。


だいたい15分ぐらいは
そのまま放置するようにする。


これだけだ。

 


なお、僕の場合はほとんど水で
口をゆすぐことはしなかった。


水でゆすがなくても
全然気持ち悪くならなかったし
(変な味が残ることもなかった)


水でゆすぐことによって薬の殺菌効果が
弱まってしまうと考えたからだ。

 


うがいを終えると、今日も出かける準備をした。


今日の目的地は地下鉄5号線の
「汝矣ナル(ヨイナル)駅」だ。


ソウルの中央には「漢江(ハンガン)」という
大きな川が流れているのだが、
その漢江の水上を旅する「漢江遊覧船」の船着場が
汝矣ナル駅の近くにあるのである。

 


僕は地下鉄に乗って汝矣ナル駅へ向かった。


駅から出ると川の近くということもあって風が冷たく、
凍えそうなほど寒かった。


船着場まで歩いていき、チケット売り場で
遊覧船のチケットを買おうとしたのだが
遊覧船に乗るには乗船名簿に
記入をする必要があるようだ。

 


売り場の人はその説明を
どういうわけか中国語でしてくる。


どうやら僕を「中国人」だと思っているらしい。


すかさず「I’m not Chinese.」と言うと、
日本語と英語を混ぜて説明してくれた。

 


チケットを受け取ると出発3分前だったので、
遊覧船に飛び乗る。


船内には大量の中国人観光客。


前の方の席を確保し、流れゆく景色を見た。

 


それにしても中国人は元気だ。


めちゃくちゃ寒いにも関わらず、
遊覧船の外に出て写真を撮りまくっている。

 


1時間ほど乗船して出発地に戻ってきた。


ちょうどお昼時だったので、帰りは明洞に寄り道して
この旅で初の外食をすることに。


「Congee House」というお粥のお店で
「ワタリガニのお粥」を食べたが
なかなか美味しかった。

 


ホテルに戻って鏡で自分の顔を確認する。


腫れのピークが過ぎたのか、
少し腫れがひいてきたような気がした。

 


今日からは顔を温めることにする。


ちなみに書き忘れていたが、
これまでは顔を冷やすように心がけていた。


冷やし方は病院でもらったアイスノンを
冷凍庫に入れておき、
それをタオルで軽く巻いて
圧迫バンドの上に乗せるだけだ。

 


冷やすと出血を止めることができる、とのこと。

 


そういえば、あれほど大変だった鼻血だが、
4日目あたりからは出なくなっていた。


鼻血が出ないだけで外出するのも一気に楽になる。

 


今日からは顔を温めることにしたわけだが、
温め方はいつも使っていたアイスノンを
熱湯の中(お風呂の浴槽を利用)に入れ、
10分ぐらいしてから取り出して、
タオルを巻いて圧迫バンドの上に乗せるだけ。

 


温めることで再び鼻血が出るのではないかと
心配したが、そんなことはなかった。

 


この日の夜はいつもより早めに就寝。


翌日に遠くまで外出する予定があったからだった。

 

 


つづく

 

 

→「輪郭整形手術後・6日目」へ

-輪郭整形


comment

CAPTCHA


関連記事

どこの病院で整形すべきか、ということ(その4)

何事も新たな道を切り開くには犠牲がつきものだ。   冬の味覚、として現在では普通に食べられている 「フグ」も昔は毎年のように中毒者を発生させ、 亡くなってしまう方も多くいた。 犠牲になった方 …

輪郭整形手術後・9日目

朝の6時、目が覚めた。   なんとなく体調が良くない。 ネットカフェのこんな狭い空間で 無理やり仮眠をとったのが マズかったのだろうか。   何はともあれ、まずは東京駅まで行き、 …

輪郭整形手術後・2週間目

朝10時、目が覚めた。   今日はこれから仕事に行かなければならない。   下の階に降りると、母親がいた。 2週間ぶりに顔を合わせる。   母親は旅行はどうだったのか、 …

輪郭整形手術後・3週間目

手術後15日目   ようやく喉の痛みが小さくなった。 人工呼吸器の気管内挿管を行なったせいで 喉が痛いのだとばかり思っていたが どうやら風邪をひいた影響が大きかったようだ。   & …

輪郭整形手術後・11日目~13日目

長かった旅もついに最終日。 この日の朝はゆっくりと起きた。   まずは近鉄奈良線の大和西大寺駅近くの 百貨店の中にある「551蓬莱」にて 肉まんと焼売を購入。   電車で移動し、高 …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ