「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

輪郭整形

輪郭整形手術後・3日目

投稿日:2016年3月19日 更新日:

朝起きて自分の体調を確認する。

 


この日の体調も良くはないが、
動けないほどつらいわけでもなかった。


手術で切った顎の骨や傷口は特に痛くはない。


一番痛いのは喉だ。


水を飲むだけで痛みを感じる。


「あ・い・う・え・お」


と発声練習をしてみる。


・・・が、口をうまく動かすことができないため
通常時のように明瞭な発声を
することは難しかった。

 


ウイダーinゼリーとメイバランスを
食べてから洗面台へ。


お風呂に関しては、頬骨のところの傷口に
防水テープを貼りさえすれば
シャワーを浴び、頭を洗うことができるのだが、
これまでは体調が悪くて
それどころではなかった。


今日は体調が少しマシになったので
シャワーを浴びようかと思ったが
手術後4日目ぐらいまでは顔を冷やすべきだと
言われていたのでやめることにした。

 


日本から持参した子供用の
「アンパンマン歯ブラシ」で歯をみがき、
ひげそりとシェービングクリームを使ってひげを剃る。

 


その後、もう一度ベッドで横になり、
2時間ほど休憩。

 


12時前になったので病院へ向かった。


病院へ着くと別の建物に案内される。


待合室でしばらく待っていると名前を呼ばれ
個室に連れていかれた。

 


個室には女の人が1人。


その女の人に
ベッドに仰向けに寝るように指示される僕。

 


指示に従って寝ていると、
顔に何やらオイルのようなものを
塗りたくられた。


どうやら顔のマッサージをしてくれるようだ。


整形手術の体験談を記した
誰かのブログにも書いてあったが、
このマッサージはたしかに気持ちよかった。


女の人はさらに僕の顔にクリームを塗りたくり
今度は蒸しタオルのようなもので
顔を包み込んでいく。


そしてその上から強力な光を照射された。


顔は段々とポカポカしてきて
気持ちよくなってくる。


そのまま20分近く放置されたので、
危うく眠りそうになった。


どうやらこれをすることで
腫れが早くひくようになるらしい。

 


全て終了し、病院を後にした僕は
駅の近くを散歩してみることにした。


通訳さんも言っていたが、
「歩くこと」は腫れを早くひかせるために
重要なのだそうだ。


駅の近くには食べ物屋やアパレルショップ、
韓国コスメの店などがあり
見ていて楽しかった。

 


ただ、この日は雪がちらついていて
かなり寒い日だったので
早々に切り上げてホテルに戻ることにした。

 


ホテルに戻ると、
1つ買ってこなければならないものが
あることに気づく。


それは、うがい液を作るための滅菌精製水だ。


うがい液の原液20 mLを付属のコップにとり
これを1000 mLの滅菌精製水に入れて
よく混ぜれば完成となる。


原液は処方箋がなければ手に入らないが、
滅菌精製水は薬局でいくらでも
買うことができる(1本1500ウォン)

 


事前の情報によると、
このうがい薬はとんでもなく味がマズい、
と聞いていたのだが、
個人的にはそれほどでもなかった。


むしろ日本の「イソジン」とかの方が
マズい気がする。


というわけで、ホテルに戻るやいなや、薬局へ向かい
滅菌精製水を2本買ってきたのだった。

 

 


つづく

 

 

→「輪郭整形手術後・4日目」へ

-輪郭整形


comment

CAPTCHA


関連記事

輪郭整形手術後・8日目

今日は早めに起床し、 レストランで最後の朝食を食べた。   最後だし、柔らかいものに関しては 片っ端からお皿に乗せていく。 でもやっぱりスクランブルエッグが 一番印象に残ったように思う。 & …

輪郭整形手術後・5日目

昨日食べたスクランブルエッグが 美味しかったので 今日もまた朝食を食べに行くことにする。   「今日は違うものも食べてみよう」   僕は昨日は食べなかった 「チャーハン」をお皿に盛 …

輪郭整形手術後・45日目

輪郭整形2週間後から2か月後ぐらいまでの間は 精神的に大変だとネットに書いてあったのだが、 たしかにその通りだった。   「高いお金を払った価値はあったのだろうか?」   「輪郭整 …

輪郭整形手術後・1日目

僕は暗闇の中にいた。     何もない無の世界 ふわふわとした感覚   「僕は何をしてるんだろう」   「わからない」   「・・・あっ・・そういえば …

どこの病院で整形すべきか、ということ(その4)

何事も新たな道を切り開くには犠牲がつきものだ。   冬の味覚、として現在では普通に食べられている 「フグ」も昔は毎年のように中毒者を発生させ、 亡くなってしまう方も多くいた。 犠牲になった方 …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ