「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

輪郭整形

輪郭整形手術後・2日目

投稿日:2016年3月18日 更新日:

薬局から戻り、ベッドの上に横たわってから約3時間


不意に目が覚めた。

 


寒気がして、体はかなりだるい。


どうやら再び熱が上がってきたようだった。

 


僕の体は思うように動いてくれない。

 


だから部屋の床を這って
キャリーバッグのところへと向かった。

 


キャリーバッグの中身をぶちまけて
日本から持参した
「100均で買ったストロー」をつかみ取る。


そして先ほど手に入れた「薬」を持って、
部屋に設置された冷蔵庫を開けた。

 


「良かった・・・水がある」

 


冷蔵庫の中には冷えたペットボトルの水が
用意されていたので、それを持って
ベッドの上によじ登った。


ペットボトルの口にストローを刺して
少量の水を口に含む。


さらに、薬を1錠だけ口に入れ
「ごっくん」と飲み込んだ。


これを何度も繰り返す。

 


初日夜の薬を全部飲むだけで
10分近くかかったように思う。


しばらくすると体は幾分楽になった。

 


時刻は23時30分


そういえば今日は何も食べてない。


このままでは体力がもたないと思い、
僕はキャリーバッグの中から
ウイダーinゼリーを1個取り出し、
ふたを開けて口に含んだ。

 


「・・・美味しい・・・」

 


ウイダーinゼリーがこんなに美味しいもの
だったなんて生まれて初めて知った。

 


それを食べ終わると、僕は洗面台に向かい、
そこで自分の顔を見た。


顔はかなり腫れており、肉が盛り上がっている。


ただ、圧迫バンドを装着していると
輪郭が引き締められるので
そこまで酷くは見えない。


むしろ元の輪郭よりはまともに見えた。

 


記念に1枚写真を撮り、再びベッドに戻る。


テレビをつけてみると、「どっちの料理ショー」の
韓国版のような番組が放送されていた。


韓国の俳優らしき人が
満面の笑みを浮かべて肉を食べているが
食欲がない僕が見たところで、
全く美味しそうには思えなかった。

 


テレビを見ていると疲れてきたので
消して眠ることにした。

 

 


翌日


やはり体はだるく、体調は良くない。

昨日よりはマシだが37℃~37.5℃ぐらいの
熱があるようだった。


薬局でもらった強力な解熱鎮痛薬
「ボルタレン(ジクロフェナクナトリウム)」
は数が少ないのであまり消費したくなかった。


そこで日本から持参した
アセトアミノフェンで代用することに。


薬を飲むとやはり熱が下がって楽になる。

 


この日は1日中ベッドの上で眠ったり、
ぼーっとしたりしていた。


朝・昼・晩の食事は、冷蔵庫で冷やしておいた
「ウイダーinゼリー」と「メイバランス」だ。


この組み合わせは個人的に素晴らしいと思う。


食欲がなくても手軽に多くの栄養素・カロリーを
摂取することができる。


しかも味も美味しい。


もしこれらを持参していなかったとしたら
僕は餓死していたかもしれない。

 


ただ寝て過ごすだけだったが、
通訳さんから言われていた注意点がいくつかあった。


それは以下のようなことだ。

 


1:寝るときは頭を心臓よりも高い位置にする。


2:圧迫バンドは1時間着用したら20分休む。
これを何度も繰り返す。


3:1時間に1回ぐらいの頻度でうがいを行う。


4:手術後4日間は顔をアイスノンで冷やし、
それ以降は逆に温めるようにする。


5:鼻から鼻血が出てくるが鼻をかんではいけない。

 


圧迫バンドは装着すると頭痛がしてくるので
最初は嫌だったが、仕方なくつけていた。


うがいについては、ちゃんとやるように
しつこく言われていたので頑張ってやった。


うがいをしないと口の中の傷口から細菌が
侵入して大変なことになるのだという。


鼻血はちょっとでも立ち上がると
すぐに鼻から流れ出てくるのでかなり大変だった。

なので、常にボックスティッシュを横に置いていた。


思っているよりも出血量が多いので、
手術を受けた方は最初びっくりするかもしれない。

 


こうして僕はホテルに籠って
ひたすら体を休ませ続けた。

 


明日は一度病院に行かなければならない。


だからできる限り体調は良くしておきたかった。

 

 


つづく

 

 

→「輪郭整形手術後・3日目」へ

-輪郭整形


comment

CAPTCHA


関連記事

輪郭整形手術後・11日目~13日目

長かった旅もついに最終日。 この日の朝はゆっくりと起きた。   まずは近鉄奈良線の大和西大寺駅近くの 百貨店の中にある「551蓬莱」にて 肉まんと焼売を購入。   電車で移動し、高 …

どこの病院で整形すべきか、ということ(その3)

韓国での整形について調べているうちに、 段々といろいろなことがわかってきた。   韓国はよく言われる通り、たしかに整形大国であり 多くの美容外科が存在する。 そしてその美容外科医の技術・能力 …

輪郭整形手術後・6日目

目が覚めると朝の6時半。 7時になるのを待って 朝食を食べに向かう。   「今日は何を食べようかな・・・」   見渡してみて、1つのお惣菜に目が留まった 「プルコギ」だ。 正確には …

韓国へカウンセリングに行く(輪郭整形編)

やるべきことを済ませた僕は ソウルにある「とある病院」にメールを送り 15日後にカウンセリングを予約した。   ちなみにこのブログでは 僕が実際に整形手術を行った病院・医師について 明かすつ …

輪郭整形手術後・5日目

昨日食べたスクランブルエッグが 美味しかったので 今日もまた朝食を食べに行くことにする。   「今日は違うものも食べてみよう」   僕は昨日は食べなかった 「チャーハン」をお皿に盛 …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ