「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

輪郭整形

輪郭整形手術・当日

投稿日:2016年3月16日 更新日:

空港で入国の手続きや税関での申告
(1万ドル以上の現金の持ち込みがあるため)
を終えた僕は前回カウンセリングに来たときと同様に
空港鉄道と地下鉄で明洞へ向かった。

 


ここで通訳さんに教えてもらった
両替屋さんに立ち寄る。


百数十万円もの現金を大韓民国ウォンに
両替するわけだから、少しでもレートの良い
ところで両替しなければならない。

 


お店の人に札束を見せたところ
驚いた様子で
「too much(多すぎる)」と言われた。


それなら、金額を減らして両替するしか
ないかなぁと思っていると


「しばらく待つように」との指示。

 


どこかに電話をかけはじめる店員さん・・・

 


待つこと3分ほど

「OK」と言われ、結局全額両替することができた。

 


ちなみに明洞駅にはエスカレーターが
設置されているが、
一部の場所では階段しかないので、
重いキャリーバッグを担いで
持って上がらなければならず、かなりキツかった。

 


苦労しつつも、お昼過ぎに病院がある駅に到着。


病院の予約時間まであと2時間近くあるので
しばらく地下鉄のホームに設置された
椅子に座って待つことにする。

 

 


それにしても体調が悪い。


寒気がして頭がぼーっとする。


どうやら熱があるらしい。

 


病院からのメールによる連絡事項には
「手術2週間前からはアスピリン系の薬は
中止しなければならない」と書かれていた。

 


僕はしばらく考え
日本から持参した解熱鎮痛薬
「タイレノール(アセトアミノフェン)」を
1錠服用した。


手術前にアスピリン系薬剤の服用が
禁止されているのは
「血小板凝集抑制作用」があるために
出血がとまらなくなってしまうからである。


アセトアミノフェンには
「血小板凝集抑制作用」はない。


薬は飲まないのがベストだが、
服用しても大きな問題はないはずだ。

 


薬を飲んでしばらくすると
多少体が楽になったような気がした。


僕はこの時かなりテンパっていたので、
とにかく冷静になろう、と心掛けた。

 


「今のこの状況はマズい。
どうするのが最善なのか?」

 


10分ほど考え、結論が出た。

 


「予約の時間とかはどうでもいいから
まずは病院へ行くべきだ。
病院に行って通訳さんに事情を説明し、
手術を受けることができるかどうか聞こう。
それに病院で休む方が体にも良いはず」

 


僕は病院へ行って事情を説明した。

 


通訳さん曰く、手術前に行う検査で
問題がなければ手術できるとのこと。

 


しかし、僕の頭はどうにかなりそうだった。


「果たしてこの体調で全身麻酔を伴う
大手術を乗り越えられるのだろうか?」


「この異国の地で僕は最期を迎えるのかもしれない。
みんな、さようなら・・・(´;ω;`)」

 


冗談抜きでそんなことばかり考えていた。


病院のソファーに座ってとにかく体を休ませる。
予約時間の15時が近づいてきた頃、
僕は賭けに出た。

 


もう1錠アセトアミノフェンを服用したのである。

 


手術を行うためには絶対に
発熱だけはあってはならない。


「手術さえ受けられれば
後はどうなっても構わない」


ぼーっとする頭でそう考えた。

 


時間になり通訳さんと一緒に上階へ。


個室に案内され、そこで着替えを行う。


着替えた後、看護師さんがやってきて
体温計で熱を測った。


薬が効いているためだろう
熱はないようだった。

 


ちなみに「薬を飲んでます」なんてことを言ったら
手術が中止になる可能性があったため
秘密にしておくことにした。

 


別の部屋に案内され待機していると
先生がやってきた。

 


先生に前回のカウンセリングの際に話したことを
もう一度説明し輪郭のデザインの確認を行う。


先生は僕の顔に
マジックで線を描き入れていった。

 


それが終わると、先生は言った。


「大丈夫です。私に任せてください」

 

 


「はい、よろしくお願いします・・・」


僕は弱々しく返事をして、
手術室がある階へと連れていかれた。

 


その階にあるトイレで顔を洗った後、
エアシャワーを浴びて手術室に入る。


手術台の上に横になり次から次へと
体中に器具を取り付けられた。


そして腕に点滴をつけられ、
通訳さんが言った。


「今から少し眠くなりますよ~」

 


それが手術前に僕が聞いた最後の言葉だった。


僕はおそらくほんのわずかな時間で
完全に意識を失った。

 

 


つづく

 

 

→「輪郭整形手術後・1日目」へ

-輪郭整形


comment

CAPTCHA


関連記事

輪郭整形手術後・2か月日

こんばんは、ほぴぃです。 今回の記事では僕に寄せられた(?)質問に 回答していきたいと思います^^     <質問1> 輪郭の手術直後は痛くないのですか?   <回答> …

輪郭整形手術後・5日目

昨日食べたスクランブルエッグが 美味しかったので 今日もまた朝食を食べに行くことにする。   「今日は違うものも食べてみよう」   僕は昨日は食べなかった 「チャーハン」をお皿に盛 …

no image

どこの病院で整形すべきか、ということ(その5)

僕は夜の街を颯爽と歩いていた。   目的地はもう近い。 目の前には古びた雑居ビル。     「・・・ここだ」     僕は意を決して中に入った。 &n …

どこの病院で整形すべきか、ということ(その3)

韓国での整形について調べているうちに、 段々といろいろなことがわかってきた。   韓国はよく言われる通り、たしかに整形大国であり 多くの美容外科が存在する。 そしてその美容外科医の技術・能力 …

韓国へカウンセリングに行く(輪郭整形編)

やるべきことを済ませた僕は ソウルにある「とある病院」にメールを送り 15日後にカウンセリングを予約した。   ちなみにこのブログでは 僕が実際に整形手術を行った病院・医師について 明かすつ …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ