「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

輪郭整形

輪郭整形手術・前夜

投稿日:2016年3月15日 更新日:

手術本番に向けて準備すべきことはたくさんあった。

 


まずは整形したことをバレないようにするための
事前の根回し。

 


職場の人には


「昔からの持病があって口腔内の手術をする」


といった嘘情報を
1か月ほど前から流し続けた。

 


こうしておけば、職場に復帰した時に
たとえ顔が腫れていたとしても、
口腔内の手術の影響のせいにして
誤魔化すことができる。

 


親に対しては、ちょっと長期間の旅行に行ってくるから
気にしないように、とだけ伝えておいた。

 


次に、持ち物の準備。


中でもとりわけ重要なのが食料だ。

 


そんなの現地で買えばいいじゃん、
と思うかもしれないが
実際に手術を経験してみると、
食料を持参することがいかに大事か
気づくことになるだろう。

 


僕が持っていった食料は


「ウイダーinゼリー(12個)」
「メイバランス(10個)」
「カップスープ(14個)」
「レトルトのごはん(6個)」


メイバランスは栄養調整食品であり、
ドラッグストアに売っている。


これとウイダーinゼリーは
持参することを強くお勧めする。

 


食料以外だと衣服に気を使った。


僕が手術を受けた季節は冬。


ソウルの冬は東京とは比較にならないほど寒い。


ダウンコートは個人的に必須だと思う。

 


あとは割り箸、ストロー、お椀型の紙皿といった
食事の際に使うものや
うがい薬を入れるための小型ボトルは
持っていくと役立つ、という情報があったので、
持参することにした。

 


輪郭の手術のダウンタイムは長いため、
働いている人は日程の調整をしなければならない。

 


僕は仕事を2週間休むことにしたのだが、
職業柄、簡単に休める仕事ではないので
手術数週間前からほぼ無休で働き続け、
無理やり休みを作り出した。

 


だが、その結果、最悪の事態
が発生することになる。

 


手術前日の夜、
僕は羽田空港のロビーにいた。

 


早朝に出発する便に乗らなければならなかったため、
時間的に空港のロビーで
夜を明かすしかなかったのである。

 


ロビーに設置されている椅子で寝ようとするが、
手術に対する緊張で全く眠ることができない。

 


さらに、ここまで働き詰めだったことが災いし
僕の体調は良いとは言えない状態だった。

 


結局一睡もせず、6時20分発の飛行機に乗り込み
9時に仁川国際空港に到着した。

 

 


つづく

 

 

→「輪郭整形手術・当日」へ

-輪郭整形


comment

CAPTCHA


関連記事

輪郭整形手術後・6日目

目が覚めると朝の6時半。 7時になるのを待って 朝食を食べに向かう。   「今日は何を食べようかな・・・」   見渡してみて、1つのお惣菜に目が留まった 「プルコギ」だ。 正確には …

韓国へカウンセリングに行く(その2)(輪郭整形編)

駅から外に出て歩いて病院へ。   受付でカウンセリングを予約していた旨を伝えると 上の階に行くように、と言われる。 エレベーターで上階へ移動し、 そこにある椅子に座って待っていると 通訳さん …

どこの病院で整形すべきか、ということ(その3)

韓国での整形について調べているうちに、 段々といろいろなことがわかってきた。   韓国はよく言われる通り、たしかに整形大国であり 多くの美容外科が存在する。 そしてその美容外科医の技術・能力 …

輪郭整形手術後・1週間目

今日は朝食を食べた後、 お昼過ぎまで部屋でテレビを見てまったりしていた。   ちなみに僕が泊まっていたホテルでは NHKの番組を視聴することができたので NHKニュースや「ためしてガッテン」 …

どこの病院で整形すべきか、ということ(その4)

何事も新たな道を切り開くには犠牲がつきものだ。   冬の味覚、として現在では普通に食べられている 「フグ」も昔は毎年のように中毒者を発生させ、 亡くなってしまう方も多くいた。 犠牲になった方 …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ