「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

整形手術の基礎知識

「どこ」を整形するのか、ということ

投稿日:2016年1月26日 更新日:

整形手術を受けることにした僕は鏡を使って
自分の顔をずーっと見ていた。

 


「僕の顔はどこがおかしいんだろう」

 


わからない。
なんか全部おかしい気がする。

 


ネットの情報によると
各パーツを1つずつ手で隠していき、
隠した時の方が美しくなるのであれば
そのパーツを整形するべきなのだという。

 


「じゃあ鼻かな・・・」

 


そんな時、かつて浪人生だった頃、
予備校の先生が言っていた言葉を思い出した。

 


何事も基本が大事なんだよ。
基本を疎かにしていては進歩は望めない

 


「そうか、基本が大事なんだ」

 


僕は気がついた。


顔の基本すなわち、土台となるものは「輪郭」である。

 


輪郭がダメなら目や鼻といったパーツが
いかに優れていても台無しとなる。

 


不細工の原因として大きな割合を占めるのが
「輪郭の形状」だと僕は考えている。

 


だから僕はまず輪郭を整形することにした。

 


では輪郭の次はどうだろう?

 


その答えは僕が苦手とするものの中に隠されていた。

 

 



→「「どこ」を整形するのか、ということ(その2)」へ

-整形手術の基礎知識


comment

CAPTCHA


関連記事

no image

どこの病院で整形すべきか、ということ

輪郭の整形をすることに決めた僕だったが 具体的にどんな施術を受けるべきかわからずにいた。   「じゃあ、医者に相談してみよう」   そんなわけで、 僕は都内の大手の美容外科を訪れた …

美意識の変化

僕は悲しい。 ほとんどの人にはどうでもいいことかもしれないけど。   僕はマツコ・デラックスが出ている番組が好きだ。 毎週録画して時間がある時に必ず視聴している。   マツコが出演 …

韓国整形旅行(その3)(質疑応答編)

さて、今回も質問に答えていきたいと思います・・・   <質問7> シャドードクターについてどう思いますか? <回答> これはなかなか難しい問題ですね。。 まず、シャドードクターが存在するのか …

思い込みを打ち破ること

インドでは象が子供の頃に 重くて大きな鎖を脚につけるのだという。 そうすることで「脚についている鎖は動かない」という 固定観念を植え付けるのだそうだ。 象が成長するにつれて鎖は相対的に小さくなっていき …

完璧は自己満足にすぎない

1つ有名な話をしよう。   今、僕のところには 4人の心強い剣士(A・B・C・D)がいるとする。 この剣士はAが一番強く、Bがその次に強い。 Cが次で、Dが一番弱い。   僕たちが …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ