「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

20代の頃

20代の頃(その3)

投稿日:2016年1月20日 更新日:

動物病院へ連れて行った翌日、僕は決断した。

 


抗がん剤治療は体への負担が大きいので、
一時的な症状緩和を目的とする
ステロイドの投与を行うことにしたのである。

 


すると、その効果は大きく表れ、
にゃんたは再び元気を取り戻した。


しかし、これは一時的なものなので、
いつかは効果がなくなってしまう。


おそらく2~3か月が限度だと思われた。

 


僕はにゃんたとの残された日々を
どのように過ごせばいいのかを考えた。

 


考えに考えた結果、
まず写真と動画を撮影することにした。


にゃんたの写真はこれまでも撮っていたが、
動画はほとんど撮ったことがなかった。


また、にゃんたの写真のみではなく、
僕も一緒に写ることにした。

 

 


僕は自分の顔が嫌いだった。


だから、高校の時以後、証明写真を除いて
自分自身の写真をほとんど撮ったことがない。

 


僕のアルバムは中学生の時に
時間が止まってしまっていた。

 

 


季節は春。
撮影した場所は満開の桜の木の下。


僕はにゃんたをバッグに入れて抱え、
十数年ぶりに写真の被写体となった。


そして僕の止まっていた時間は再び動き出した。

 


これからにゃんたが生きているまでの間は
できる限り一緒にいてあげることにした。


それが僕がしてあげられる唯一のことだった。

 

 


同時に、僕は自分自身に対して
1つのミッションを課した。


それはにゃんたが死ぬ前に
「童貞を卒業する」ということである。

 


馬鹿らしく思えるかもしれないけど僕は真剣だった。


にゃんたが家にやってきたのは中学の頃。
これは僕が性に興味を持ち始めて
しばらく経った時期でもある。


それから女性というものに対して興味はあったものの
出会いなどあるはずもなく
20代の終わりになってしまった。


このままではいけない、という思いがあった。


僕は「ある計画」を実行に移す決意をしたのだった。

桜とにゃんた

 

 

→「20代の頃(その4)」へ

-20代の頃


comment

CAPTCHA


関連記事

no image

20代の頃(その2)

20代も終わりに差し迫ったある日 それは起こった。   仕事帰りに携帯を確認すると、 親からメールがきていたのだ。     「にゃんたがご飯を食べないから今、 動物病院に …

20代の頃(その4)

僕はもうすぐ30歳になる。   だから1年ぐらい前から計画を立てて、 周到に準備を行っていた。   計画の概要はこうだ。 「吉原(東京都台東区)にある 風俗店(ソープランド)に突入 …

20代の頃(その5)

計画が成功を収めてから1か月後 にゃんたは亡くなった。   享年17歳。   僕と母親に優しく撫でられながら 旅立っていった。 最期はさほど苦しまずに逝けたのは 幸いだったのかもし …

20代の頃

大学を無事に卒業した僕は とある医療系の国家資格を取得し それを使って働きはじめた。   そういえば就職の面接の時に 忘れられないほどひどい人間に 出会ったことがある。   その面 …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ