「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

20代の頃

20代の頃(その2)

投稿日:2016年1月19日 更新日:

20代も終わりに差し迫ったある日
それは起こった。

 


仕事帰りに携帯を確認すると、
親からメールがきていたのだ。

 

 


「にゃんたがご飯を食べないから今、
動物病院に連れて行ってる」

 

 


嫌な予感がした。

そしてその予感は的中した。


家に帰ると、みんな表情が暗い。


妹は部屋に籠って泣いていた。

 


動物病院の先生による診断は「悪性リンパ腫」
要するに「ガン」だ。


余命は2~3か月。
にゃんたはもう17歳だし、
抗がん剤治療を行ったところで
長くは生きられない。

 


僕は絶望した。

 


あんなに愛していたにゃんたがもうすぐ死んでしまう。

 


悲しくて悲しくてたまらなかった。


涙は際限なくあふれ出てきた。

 

 

 


では、どうしたらいい?


枕を涙で濡らしながら僕は考えた。

 

 


今思えば、この悲しい出来事が
僕の人生の分岐点(ターニングポイント)
になっていた。

 


今まで止まっていた人生の歯車が
ここから一気に動き出した。

 

 

 

→「20代の頃(その3)」へ

-20代の頃


comment

CAPTCHA


関連記事

20代の頃(その5)

計画が成功を収めてから1か月後 にゃんたは亡くなった。   享年17歳。   僕と母親に優しく撫でられながら 旅立っていった。 最期はさほど苦しまずに逝けたのは 幸いだったのかもし …

20代の頃(その4)

僕はもうすぐ30歳になる。   だから1年ぐらい前から計画を立てて、 周到に準備を行っていた。   計画の概要はこうだ。 「吉原(東京都台東区)にある 風俗店(ソープランド)に突入 …

20代の頃(その3)

動物病院へ連れて行った翌日、僕は決断した。   抗がん剤治療は体への負担が大きいので、 一時的な症状緩和を目的とする ステロイドの投与を行うことにしたのである。   すると、その効 …

20代の頃

大学を無事に卒業した僕は とある医療系の国家資格を取得し それを使って働きはじめた。   そういえば就職の面接の時に 忘れられないほどひどい人間に 出会ったことがある。   その面 …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ