「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

大学時代

大学生の頃(その6)

投稿日:2015年12月22日 更新日:

そして次に僕がとりかかったこと、
それは服装の改善だった。

 


まず、これまで親が買ってきた服は
ほとんど全て捨てた。

 


そして、丸井に突入してブランド服を購入・・・
という流れでいきたかったのだが
それは諦めた。

 


なぜならファッションについて何1つわかっていない
僕のような人間が、丸井の店員による接客を受け、
コーディネートを考えてもらうなどということは
あまりにもハードルが高く、
恐ろしいことだったからだ。

 


そこで、僕が目をつけたのは
「ネット通販」と「ヤフオク」だった。

 


ネット通販に関しては自分好みの服を
あれこれ考えながら時間をかけて見ることができ、
サイズについても普段着ている服の寸法を測ることで
ある程度大きさを予想することができる。


ヤフオクでは魅力的なブランドの服を気軽に
比較的安く手に入れることができる。

 


そんなわけで、僕はこの2つを利用し、
個人的にまともだと感じる服装を数パターン
つくりあげたのだった。

 

 

→「大学生の頃(その7)」へ

-大学時代


comment

CAPTCHA


関連記事

no image

大学生の頃(その7)

「ダイエット」「美容室でのカット」「服装の改善」 今ここに大いなる3種の神器が揃った。   するとどうだろう? なんと、これまで大学で避けられていた僕が イジられるようになったのである。 つ …

no image

大学生の頃(その2)

入学から数か月経つと化学の実習がはじまった。   僕は医療系の学部だったし、 昔から実験に興味があったので楽しみにしていた。   実習は3人1組で 「僕」と「気が強そうな眼鏡の女子 …

no image

大学生の頃(その4)

僕は大学生活にストレスを感じ 精神的に疲弊しきっていた。 大学を辞めようかとも思ったけど、 逃げたら負けだと思って出来なかった。   「しかし、では、僕はどうすればいい?」   そ …

no image

大学生の頃

夢を見た。   受験に失敗し、2月下旬になって 今から出願できる大学を必死に探している夢。   夢の中でなにやら足音が聴こえてくる。   その足音はだんだん大きくなり、 …

no image

大学生の頃(その5)

ダイエットに成功した僕が 次にとりかかったミッションは 「美容室に突入する」ことだった。 僕はこれまで近所の床屋でしか髪を切ったことがなく、 美容室というのはまさしく未知の領域だったのである。 何事も …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ