「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

大学時代

大学生の頃(その3)

投稿日:2015年12月19日 更新日:

僕のそばにはいつも猫がいた。

 


大学で辛いことがあったとしても、
家に帰ればそれすらも忘れることができた。


もし、にゃんたがいなければ
間違いなく僕の心は折れていただろう。

 


以前の記事でも話をしたが、
大学1年の時、僕は今後の人生に影響を及ぼす人間
(僕と所属する学科は異なる)に出会った。


この人物を「知人T」とでもしよう。


なぜ「友人」ではなく「知人」なのか?

それは一言で言えば
「友人とは呼ぶにふさわしくない人間」だからだ。

 


「知人T」はとにかく最低な奴だった。
知り合いになった人間を
「自分を支えるしもべ」だと言い、
とにかく他人を利用することばかり考えていた。


ちなみに大学を卒業してかなり後のことになるが
知人Tは逮捕された。


ニュースで映像が流れ、
ものすごくびっくりしたことを覚えている。

 


さて、この問題あり過ぎの「知人T」だが
実は学業に関しては極めて優秀だった。


大学内の成績もほぼ毎回トップ。
高校時代の模試の成績も
県内で一桁台の順位だった。
(よく成績表を見せつけられた)

 


知人Tはなぜかは知らないけど、僕に対して
勉強の方法についての話をよくしてきた。


そして「お前の勉強のやり方は馬鹿すぎる」
といったことを延々と話し続けた。

 


中でも知人Tがよく言っていたのは
「勉強している時に考えているようでは話にならない」
ということだ。


ぼくは実は「何かを考えることが好き」な人間である。


推理モノのドラマをみたり、
推理ゲームをプレイするのは
今でも趣味の1つになっている。


最初は自分自身を否定されたみたいで腹が立ったが、
たしかに知人Tが言うことにも一理あった。


ぼくはテストのたびに
知人Tに言われた通りに勉強した。


そして確かに成績は上がっていき、
楽に単位を取得できるようになっていた。

 


さて、なにやら勉強ブログのような
雰囲気になってきたが、実はこの話は
「整形に多かれ少なかれ関係」する。


詳しくは後日説明することにしよう。

130210_223633.jpg

 

 

→「大学生の頃(その4)」へ

-大学時代


comment

CAPTCHA


関連記事

no image

大学生の頃(その2)

入学から数か月経つと化学の実習がはじまった。   僕は医療系の学部だったし、 昔から実験に興味があったので楽しみにしていた。   実習は3人1組で 「僕」と「気が強そうな眼鏡の女子 …

no image

大学生の頃

夢を見た。   受験に失敗し、2月下旬になって 今から出願できる大学を必死に探している夢。   夢の中でなにやら足音が聴こえてくる。   その足音はだんだん大きくなり、 …

no image

大学生の頃(その7)

「ダイエット」「美容室でのカット」「服装の改善」 今ここに大いなる3種の神器が揃った。   するとどうだろう? なんと、これまで大学で避けられていた僕が イジられるようになったのである。 つ …

no image

大学生の頃(その4)

僕は大学生活にストレスを感じ 精神的に疲弊しきっていた。 大学を辞めようかとも思ったけど、 逃げたら負けだと思って出来なかった。   「しかし、では、僕はどうすればいい?」   そ …

no image

大学生の頃(その6)

そして次に僕がとりかかったこと、 それは服装の改善だった。   まず、これまで親が買ってきた服は ほとんど全て捨てた。   そして、丸井に突入してブランド服を購入・・・ という流れ …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ