「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

大学時代

大学生の頃

投稿日:2015年12月17日 更新日:

夢を見た。

 


受験に失敗し、2月下旬になって
今から出願できる大学を必死に探している夢。

 


夢の中でなにやら足音が聴こえてくる。

 


その足音はだんだん大きくなり、
ついに僕は目を覚ました。

 


目の前には母親がいて、
白い封筒を持っている。

 


合格通知だった。


やっと僕も大学生になれる。
バラ色の大学生活がいよいよ始まるんだ。


僕は思った。

 


しかし、現実は甘くない。


これから始まるのはバラ色の大学生活
などではなく地獄だったんだ。

 

 


入学式当日


式が終わってクラスごとに教室に集まる。


あらかじめ座席は決められており、
出席番号順に席に座るのだが、
僕の隣には少しヤンキーっぽい雰囲気の男子と
気が強そうな眼鏡の女子が座っていた。


僕は彼らに積極的に話しかけ、
仲良くなろうと試みたが反応は薄く、
あまり僕と関わりたくないような印象を受けた。


結果的に、ヤンキーっぽい男子は
出席番号が近い同じくヤンキーっぽい男子2人と
仲良くなり、眼鏡の女子はその隣の小柄な女子と
仲良くなっていた。

 


つまり僕はぼっちになった。

 


正確に言うと後日、サークル活動に参加したことで
「知り合い」はできたのだが
そいつは他の学科に所属していた。

 


僕は1人で講義を受け、サークル活動がない日は
誰1人とも話さない日々を送った。

 

 

→「大学生の頃(その2)」へ

-大学時代


comment

CAPTCHA


関連記事

no image

大学生の頃(その6)

そして次に僕がとりかかったこと、 それは服装の改善だった。   まず、これまで親が買ってきた服は ほとんど全て捨てた。   そして、丸井に突入してブランド服を購入・・・ という流れ …

no image

大学生の頃(その4)

僕は大学生活にストレスを感じ 精神的に疲弊しきっていた。 大学を辞めようかとも思ったけど、 逃げたら負けだと思って出来なかった。   「しかし、では、僕はどうすればいい?」   そ …

no image

大学生の頃(その7)

「ダイエット」「美容室でのカット」「服装の改善」 今ここに大いなる3種の神器が揃った。   するとどうだろう? なんと、これまで大学で避けられていた僕が イジられるようになったのである。 つ …

大学生の頃(その3)

僕のそばにはいつも猫がいた。   大学で辛いことがあったとしても、 家に帰ればそれすらも忘れることができた。 もし、にゃんたがいなければ 間違いなく僕の心は折れていただろう。   …

no image

大学生の頃(その5)

ダイエットに成功した僕が 次にとりかかったミッションは 「美容室に突入する」ことだった。 僕はこれまで近所の床屋でしか髪を切ったことがなく、 美容室というのはまさしく未知の領域だったのである。 何事も …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ