「※ただイケ」はある

30歳にて整形手術を受け、人生が一変した男の物語。輪郭整形および鼻整形に関する真実をお話しします。

「 月別アーカイブ:2016年02月 」 一覧

自分の顔を知る、ということ

2016/02/26   -輪郭整形

僕は自分の顔が嫌いだった。   だから鏡で自分の姿を見るなんてことは、 どうしても必要な時以外しなかったし、 街でショーウインドーに映る自分の姿からは 目を背けて生きてきた。   …

no image

どこの病院で整形すべきか、ということ(その5)

2016/02/24   -輪郭整形

僕は夜の街を颯爽と歩いていた。   目的地はもう近い。 目の前には古びた雑居ビル。     「・・・ここだ」     僕は意を決して中に入った。 &n …

思い込みを打ち破ること

インドでは象が子供の頃に 重くて大きな鎖を脚につけるのだという。 そうすることで「脚についている鎖は動かない」という 固定観念を植え付けるのだそうだ。 象が成長するにつれて鎖は相対的に小さくなっていき …

どこの病院で整形すべきか、ということ(その4)

2016/02/12   -輪郭整形

何事も新たな道を切り開くには犠牲がつきものだ。   冬の味覚、として現在では普通に食べられている 「フグ」も昔は毎年のように中毒者を発生させ、 亡くなってしまう方も多くいた。 犠牲になった方 …

どこの病院で整形すべきか、ということ(その3)

2016/02/06   -輪郭整形

韓国での整形について調べているうちに、 段々といろいろなことがわかってきた。   韓国はよく言われる通り、たしかに整形大国であり 多くの美容外科が存在する。 そしてその美容外科医の技術・能力 …

Author:Hopy(ほぴぃ)
◎33歳男性 身長170 cm、体重50 kg
◎性格は普段はおっとり
◎優しいけど優しくない
◎目的を達成するためには
いかなる手段も辞さない
◎「ビューティー・コロシアム」
に出演していてもおかしくないレベルの
ブサイクだった過去をもつ